すごすぎるSaul Leiter

NYC帰りの写真仲間から一冊のステキな写真集を頂きました。
写真家のお名前は「Saul Leiter」 
これ凄すぎます!
1950、60年代のアメリカは、NY、マンハッタンの街の情景をなんとも素敵で詩的な風景として捉えているんですね。
特に50年代のカラーの作品群はまるでノーマンロックウェルの絵画のよう。

ちょこっと紹介しますね^^

f0115475_20244058.jpg


どこかのストリートにあるパブ?の片隅で電話を片手にパイプをくゆらせる紳士。ガラスには背景としてバスが。。。まるで映画のシークエンスを観ているようですね。
これが1957年に撮られた写真とは思えないほどに完成度が高くありませんか。
抑制の効いたカラー、きっとコダックでしょうね。

++ モノクロも ++
[PR]

by icchiy_passage | 2012-02-21 20:35 | 雑感

米国コダック経営破綻 チャプター11を申請

とうとう、米国Kodakが経営破綻してしまいました。 残念です。
それでも再生のための手続きを申請ということなので、かならずや再生してくれることを願ってます。
業務は継続とのこと、フィルムもまだまだ購入できて使えるようです。

f0115475_2047180.jpg

[PR]

by icchiy_passage | 2012-01-20 20:47 | 雑感

今年のベスト3は

昨年もやりましたが^^ 今年読んだミステリー本(ハードボイルド、ホラー、翻訳本、和書に限らず)感銘を受けた小説のベストスリーを覚え書きとして記載したいと思います。

2011年の読了数:64冊

1位:スティーブン・キング 『アンダー・ザ・ドーム』

直訳でドームの下。 内容もこのまんま! 米国のある小さな田舎街に突如と発生した透明なドーム。
まったく奇想天外な構想。ばかばかしいけど、そこは流石なキング。圧倒的なリアル感でドライブします。
ドームから抜け出せないコミュニティ内の人間ドラマ、いつしかドームの外にいる人間たちを巻き込んでのハラハラドキドキなストーリー。いったい何の目的でドームが現れたのか?誰が?どのようにして? 
軍の妖しげな秘密実験なのか? それともエイリアンの陰謀か。。。。どこまでも謎は続き、人間サイドは善玉、悪玉に分かれての活劇。
いやぁ~ほんとにキングの非凡な才能を見せ付けられた一冊(上・下巻)でした!

蛇足ですが、表紙装丁はいつものように。。。藤田新策さん。 超有名なイラストレーター。

f0115475_10523553.jpg


2位:マックス・ブルックス 『World War Z』

人類対ゾンビ大戦終結から10年後。 生き残ったヒトたちへのインタビュー形式で綴られた、ドキュメンタリータッチの大傑作。
億単位のゾンビと人類がいかに戦い生き残ったか。世界中でインタビューした逸話の集大成。
これもまた奇想天外な発想。それでも物語にどんどん引き込まれる。寝不足必至の一冊。
これほどまでにリアルなゾンビ小説はなかったです。残酷シーン、スプラッターシーンの描写はほとんど出てこない。それでいてリアルでディテールが活き活きとしている。
とんでもない小説ですな。 本来なら一位獲得間違いなし☆

f0115475_12224724.jpg



3位:村上龍 『最後の家族』

龍氏の小説はほとんどの作品を読んでます。
でも、この一冊は別格な位置づけ。
平凡そうにみえる、それでいて幸せそうにみえるひとつの家族。父親がいて母親がいて、ひきこもりの息子がいて、高校生の娘がいる。
それぞれの生き方のベクトルが微妙にずれていく。。。
ひきこもりの息子のストーカー行為が引き金になり、更に家庭がおかしくなる。
父親は家を出る、母親は不倫まがいの行動へ。。。娘は怪しげな男とつき合い始める。。。
しかし、物語は悲惨な結末へとは辿り着かない。ましてやハッピーエンドにも辿り着くわけもない。
でも、でも、読後感は爽やかさが漂い、すっきりとしている。
家族の自立。再生の物語。 

f0115475_12322895.jpg

[PR]

by icchiy_passage | 2011-12-19 07:49 | 雑感

Hope

『 たとえば、
 偶然にも生き残った君の生を讃えてみてはどうだ?
 たとえば、
 生き残ったことへの幸運を噛みしめてみてはどうだ?

 不謹慎だとわめく偽善者を後に残し
 君が光を放つことで、友を弔うんだ

 それを「希望」と名づけていいんだよ

 余震は続く 』


『それを「希望」と名づけよう』(佐野元春) より抜粋させて頂きました。
[PR]

by icchiy_passage | 2011-03-17 23:15 | 雑感

東日本大震災 311

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した方々、そしてその地域に対して心よりお見舞い申し上げます。
被災地の現状や被災で避難されている方々の映像を見るに胸が痛みます。
まだまだ福島原発の問題も継続しており大変です。

東京に住む私も節電などで微力ではありますが協力しないといけないと思う所存です。
一日も早くライフラインを復旧させて安心して生きれる日が来ることを心からお祈りしています。

まだ余震の可能性もありますので皆様も気をつけてお過ごしください。


管理人 Icchiy
[PR]

by icchiy_passage | 2011-03-15 21:42 | 雑感

路上スナップのススメという本

もともと写真家が出版した本はあまり読むほうではないのですが、書店で何気なく見かけたこの本。
森山大道・仲本剛 『路上スナップのススメ』(光文社新書)という本を読みました。

その中で、大道さんはこんなことを言ってます。

「写真とはそもそも現実の複写でしかない」「写真にオリジナリティなど求め得るべくもないのだ。故に街角で見かけた、元々は他人が撮った写真であるポスターを複写することも、また、そうして撮った写真を発表することにも、なんの躊躇いもない」

なんという潔さ!というかカリスマ大道さんだから許せるお言葉なのでしょうかね。

f0115475_2295098.jpg


中途半端なコンセプトやテーマを捨てて、とにかく表に出て、撮りまくれ!と叱咤激励してくれています。
興味のある方は一読お薦めです。
本の構成は作品半分、文章半分と読みやすいです。

森山大道さん、もう70歳を越えているんですね。
今年の春、デジタルオンリーで撮った写真集を発表されるそうです。
銀塩には未練もないそうですよ。とにかく潔いのです(^^)/
[PR]

by icchiy_passage | 2011-01-30 22:15 | 雑感

残暑もひと休み

今日から9月。
灼熱地獄だった日々から考えられないほど涼しくなってますね。
東京八王子はこの時間23度くらいです。

今年の紅葉はどうですかねぇ?ここ最近素晴らしい紅葉に出会えていないような。。。
9月が終わって10月の後半になると冬鳥さんたちも舞い戻ってきます。

ああ、夏が終わるんだなぁ~~(^^;)

f0115475_9453187.jpg



*東京 御岳渓谷で KissD+TAMRON90mm MACRO Di
[PR]

by icchiy_passage | 2007-09-01 09:46 | 雑感

8月です♪

関東もようやく梅雨明けのようです。

毎年梅雨明けなのかそうじゃないのか分からないような夏になって来てますねぇ。
これからたぶんもっと暑くなると思いますので、撮影中には熱中症や日射病には気をつけて
できるだけ水分補給を心がけて下さいね。

f0115475_20471497.jpg

[PR]

by icchiy_passage | 2007-08-01 20:47 | 雑感

明けましておめでとうございます♪

新年明けましておめでとうございます♪
今年も実り多き年でありますように。
どうぞよろしくお願いします。
長き昼と快適な夜を。サンキャー♪

f0115475_0413816.jpg



EOS Kiss Digital + EF75-300mm IS USM f/3.5-5.6
[PR]

by icchiy_passage | 2007-01-01 00:42 | 雑感

今年もあと僅か♪

今年もネット上でいろんな方に出会い、よい刺激を受けました。
そして沢山の方からもコメントを頂き、励みとなりました。ありがとうございます。

みなさんにとって今年はどんな年でしたか? 
沢山撮りましたか? あはは、僕は結構撮りました。
しかし、なかなか満足のいくものはなかった><;
そこが写真のいいとこなのかもしれませんね。
また来年も撮り続けます。倒れるまで。。。(°°;)\(- -;)オイオイ

良いお年をお迎えくださいませ♪   管理人 Icchiy

f0115475_1151352.jpg

[PR]

by icchiy_passage | 2006-12-30 11:05 | 雑感